晩翠法律事務所

弁護士のご紹介

弁護士 菅野 修(Osamu Kanno)

弁護士 菅野 修
クライアントに寄り添い、二人三脚での紛争解決を

もとの勤務事務所とのご縁もあり、企業再建(会社更生、民事再生外)、企業法務、自治体案件、労務紛争、一般民事等の事案が多いですが、これらの分野においては、専門的な法的知識に加え、その周辺知識・理解力が必要不可欠であり、常に最短距離でスピード感をもって合理的に紛争を解決する能力・実務経験が求められます。
一方で、ここ最近の傾向として、訴訟によらずに和解による紛争解決のニーズも多く、いわゆるADR・和解の研究にも力を入れ、事件・事故(犯罪被害、労災事故、交通事故、学校事故等)の件数も増えてきています。そのお手伝いをする中で、特に個人のお客様、事件・事故の被害者にとっては、単純に法律・賠償問題では割り切れない多種多様なニーズがあり、そこにはかけがえのない大切な思いがあることに気付かされます。
弁護士は、法律・紛争解決の専門家ですが、解決の主体はクライアントです。
冷静かつ専門的・合理的な視点は必要としても、常に謙虚さを忘れず、クライアントに寄り添い、十分な説明と協議、意見交換の中で、その納得をいただきながら解決に至るというプロセスを大切にする、そんな両面を兼ね備えた弁護士でありたいと思います。

経歴
  • 昭和48年12月 福島県伊達市生まれ
  • 平成4年3月 福島高等学校卒業(44回卒)
  • 平成8年3月 東北大学法学部卒業
  • 平成8年10月 司法試験合格
  • 平成11年3月 司法修習終了(司法研修所第51期)
  • 平成11年4月 勤務弁護士として弁護士登録
  • 平成15年4月 晩翠法律事務所開設

~現在に至る~

これまでの主な公職等
  • 仙台弁護士会、日本弁護士連合会犯罪被害者支援委員会委員
  • みやぎ境界紛争解決支援センター評議委員
  • 元仙台法務局筆界特定委員
  • 元仙台市分譲マンション管理(法律分野)相談員
  • 司法支援センター法律扶助審査委員長
  • 平成27年度仙台弁護士会副会長
現職
  • 仙台弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長
  • 倒産法運用協議会委員、破産管財人等協議会協議員
  • 仙台弁護士会倒産法制部会委員
  • みやぎ境界紛争解決支援センター調停委員
  • 仙台弁護士会紛争解決支援センターセンター長
これまでに取り扱った主な事件

※一般的な事件を除きます。

(倒産・事業再生事件)
  • 某運送会社の債務整理事件(負債総額約8億円) 特定調停申立代理人(17条決定)
  • 某タクシー会社の会社更生事件(負債総額約40億円) 保全管理人代理(認可決定)
  • 某建設会社(負債総額約100億円)の民事再生事件 申立代理人(認可決定)
  • 某眼科医院の民事再生事件(負債総額約10億円) 監督委員(認可決定)
  • 株式会社カウベル(お菓子製造会社)民事再生事件 監督委員・破産管財人
  • 株式会社REジャパン(エステティックサロン運営・旧株式会社東北医療機械) 破産管財人
  • 某ガソリンスタンド運営会社民事再生事件(負債総額約40億円) 申立代理人(認可決定)
  • 某幼稚園(学校法人)の民事再生事件 申立代理人(認可決定)
(行政事件)
  • DV被害女性の未支給年金取消訴訟
  • 廃棄物処理業の許可取消処分取消請求事件
  • 歯科医院の診療報酬返還請求事件(監査立会その他)
  • 歯科医師に対する違法な行政指導を理由とした国家賠償請求事件(原告代理人)
  • 生活保護費不正受給返還請求事件
  • 換地処分取消請求訴訟
(医療系)
  • ステロイド性緑内障(薬害)により視野喪失の後遺症が残ったことを理由とした損害賠償請求(患者側・示談)
  • 緑内障の初期症状を見逃したことを理由とする損害賠償請求(病院側・請求取下)
  • 親知らずの抜歯治療によりオトガイ神経症を発症したことを理由とした損害賠償請求(患者側・示談)
  • 慢性副鼻腔炎の治療を受けていた患者が末期の上顎癌を患っており死亡したことにつき、上顎癌特有の症状を見逃した過失があることを理由とした損害賠償請求(患者側・一部勝訴)

弁護士 佐々木好志(Takashi Sasaki)

弁護士 佐々木好志
依頼者との信頼関係を築き、納得いただける解決を目指して

これまでの弁護士業務の中で、交通事故事案をはじめとする事故事案に多数携わってきました。加害者側、被害者側問わずご依頼をいただいてきました。交通事故事案の被害者の多くはある日突然被害にあわれ、肉体的・精神的苦痛ばかりでなく、経済的、社会的にも多大な被害を被ります。ご本人のみならずご家族の方など周囲の方々にも多大な影響が生じます。そして、そのような状況下で相手方、あるいは相手方の損害保険会社と賠償協議を進めなければならないこともあります。被害者の方々には、損害賠償の協議の中で飛び交う法的専門用語などを前に、どうしてよいのかわからず途方にくれる方もおられるのではないかと思います。そのような際には、私でも結構ですし、あるいは他の弁護士に気軽に相談してください。

依頼をいただくにあたっては、相談者のお悩み、ご不安、ご希望などを十分お聞きし、依頼者の方と十分に協議を重ねた上で方針を決定し、事案解決のため依頼者の方と二人三脚で事案にあたるよう心がけています。また、交通事故などの事故事案のみならず、離婚事件や負債整理など幅広く事案を扱っておりますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。

依頼者の方々と人間としての信頼関係を築き、この弁護士に依頼してよかったと感じていただけるような解決が図られるよう努力してまいりたいと思います。

経歴
  • 昭和45年5月 宮城県栗原郡(現栗原市)生まれ
  • 平成8年10月 司法試験合格
  • 平成9年3月 立命館大学大学院法務研究科博士課程前期課程修了
  • 平成11年3月 司法修習終了(司法研修所第51期)
  • 平成11年4月 弁護士登録し、ひまわり法律事務所(仙台弁護士会)に勤務、弁護士として入所
  • 平成15年10月 晩翠法律事務所にて業務開始

~現在に至る~

ページトップへ